遠恋女のひとりごとblog

ゆるゆる〜in西三河
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
-->

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< どろろ見る。 | main | おしゃれイズムに徳井妹? >>

どろろ

評価:
妻夫木聡.柴咲コウ.瑛太.杉本哲太.麻生久美子.土屋アンナ.原田美枝子.中村嘉葎雄.原田芳雄.中井貴一,塩田明彦
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
¥ 3,192
(2007-07-13)
終わりの見えない戦国の世を憂う武将・醍醐景光は、戦乱の世を治める力を得るため、自分の子の体48箇所を48体の魔物に差し出す。こうして生まれた百鬼丸は、医師・寿海に仮の体と護身のための妖刀を与えられ、見事な成長を遂げる。やがて、魔物を倒すごとに奪われた体の一部を取り戻すことを知った百鬼丸は、魔物退治の孤独な旅に出る。ひょんなことで百鬼丸の存在を知ったコソ泥どろろは、百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、その旅を追いかけ始める…。

冒頭で、いきなり魔物との先頭シーン!
アクションシーンは全体的にスピード感もあり、殺陣の流れもかなりよい!
しかし、日本でも、実写でのCGが向上してきたとはいえ、この映画でもCGくささが否めない…。
そういう場面ではリアリティにかけて、面白みも減ってしまう…。
まあ、バリバリのハリウッド超大作などは設備もお金のかけ方も桁違いですからね、それらと比べるのは酷?

なかなか面白い話でしたが、展開の流れを止めてしまうような過剰な演出・演技は、あいかわらず邦画の特徴。
この作品も例外ではなく、やや長く感じ、ダレました…。
わざわざ人間愛や家族愛、正義感などを示唆させることを大げさに台詞に出して演技するよりも、
展開の流れの中で「さりげなく」盛り込りこませ、観客に「何となく」それを感じさせる。
そのほうが、僕は好きですね。
映画 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









SPONSORED LINKS




SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE