遠恋女のひとりごとblog

ゆるゆる〜in西三河
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
-->

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 新潟県中越沖地震… | main | どろろ見る。 >>

ウルトラヴァイオレット

評価:
ミラ・ジョヴォヴィッチ,キャメロン・ブライト,ウィリアム・フィクトナー,ニック・チンランド,カート・ウィマー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 3,268
(2007-01-01)
21世紀末、新種のウィルスが蔓延、感染した人間は超人的な知能と運動能力を身につけるが、"ファージ"と呼ばれた彼らは感染後わずか12年で命を落とす運命にあった。ファージの能力を恐れた人間たちは、彼らの根絶を企て、政府によるファージ掃討作戦が開始される。追い詰められたファージは地下組織を結成、人間政府との激しい抗争を繰り広げる。やがて政府はファージ絶滅の切り札となる最終兵器の開発に成功する。ファージ側はその情報をつかむと、最終兵器強奪のため、最強の殺し屋ヴァイオレットを送り込む。かつて、感染した夫と子どもを政府に殺され復讐に燃えるヴァイオレットは、兵器の入ったケースを難なく奪い去る。しかしその直後、彼女は最終兵器がわずか9歳の少年であることを知るのだった。


独特の世界観と映像で、観ずらい部分も多々…。
冒頭からアクションシーンの連続でしたが、いろんなアクション映画を観てきた僕にはイマイチ…。
もっとスピード感がほしいところかな…。

ストーリー展開には、やや説明不足なところがありますが、
それは映画を観ていれば、なんとなく推測できるので許容範囲。
似たような話の映画は、数多くありますし…。

むしろ、冗長的な場面や説明を省いて、90分程度と、短くすっきりまとめたところは評価できます。

評価は1点に限りなく近い2点です。(5点満点中)

ウルトラヴァイオレット@映画生活
映画 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









SPONSORED LINKS




RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE